2016/01/01

『Living World Story 3 After EP4 』

『Living World Story 3 After EP4 』
The Sword Regrown

●Trahearneの記念碑
SylvariのWarden Leideより通知が届く
The GroveにTrahearneの記念碑が建造されたとのこと
Sylvariもこの数年で大分変ったように思う、以前なら英雄だろうと讃える、弔うという文化は無かったように思える

Groveに行くと、そこには大きなTrahearneの彫像が建っていた
彼の偉業は語り継がれていくだろう

そこへTrahearneの元で働いていたRidhais から、Caradbolgについて話がしたく、家に訪問させて頂くとメッセージが届いた


●Ridhaisの訪問
家に戻るとRidhaisは待ち構えていた
Ridhais「コマンダー、私はマーシャル・Trahearneと貴方がMordermothと戦ったと聞いています。そして、Trahearneの人生を終わらせるためにCaladbolgを使用したとも」
コマンダ「そう、それはTrahearneが決めたことであり、Mordermothを倒すのに必要なことでした」
Ridhais「ドラゴンを殺すために支払った代償は、想定していたものよりはるかに高くつきました。ところで、私はあなたがマグーマからCaladbolgを持って帰ってくれたと思っているのですが?」
コマンダ「ああ、もちろん持って帰ってきた。でも刃は壊れてしまっていたよ」
Ridhais「ペールツリーの棘(Thorn)は壊れているかもしれませんが、あの生きた剣は死んでしまうことは無いと思います。見せてもらえますか?」

勿論、壊れた状態のCaladbolgを見せる

Ridhais「ああ、この剣…間違いない。私はこの剣を直せるか見ることができる。私に預けてもらえますか?」
快く、Caladbolgを渡す

RidhaisはCaladbolgを丹念に調べる
Ridhais「…これは酷く傷ついてる、でもちゃんと生きてる、ペールツリーに感謝しないと。今、Caladbolgは春の到来を待っている冬の間の種のように休眠している状態です」
Ridhais「直すためには2つのタスクが必要です。エネルギーを増強する力の源を集めるとともに、できるだけ多くのCaladbolgの刃の破片を集めなければなりません。そしてそれを新しい持ち主と結合しなくてはならない」
コマンダ「新しい持ち手?」
Ridhais「そう、Caladbolgは持ち手によって強化され、そして刃は使い手によって力を与えられます。あなたは眠りから目を覚ます刃に身を任せなければならない」

久しぶりに難しい話をするSylvariに会った気分だ
Sylvariの文化には大分慣れたつもりであったが、ここはだまって付き合うに限る
Ridhais「ここにCaladbolgの刃の欠片が1つ、私はこれのおかげでコマンダーに導かれました。これをを持てばきっとあなたも他の破片に導かれるでしょう」
Ridhais「Sylvariと同じように、CaladbolgもDreamに繋がっています。Vision Crystalを使うと、あなたは意識を同調させることができ、自分自身を剣とすることができます。」

他にも、必要な材料を教わり、調達する旅に出ることになった
最後に幾つか疑問を投げる
コマンダ「なぜ私がこの役を?」
Ridhais「Caladbolgが休眠する前、恐らくあなたと繋がったと信じているからです」

Ridhaisの信任は最初から得られていたようだ

さて、一通り彼の目的を聞き、そして彼の願いも聞くことにした

もう少し、今度は彼自身のことを聞いてみることにする
Ridhais「私ですか?私はOrrの作戦でTrahearneの護衛として一緒に、そしてマグーマでも共にいました。しかし、艦隊が攻撃された時に分かれてしまいました」
コマンダ「Ridhais、君はMordermothの呼びかけに抵抗できたの?」
Ridhais「Mordremの中で生き残ることができましたが、Trahearneを見つけることはできなかった。そしてドラゴンは滅ぼされたので、私は自身のWyld Huntに失敗したと思いました」
コマンダ「君のWyld Huntとは?」
Ridhais「私が目覚める前、Dreamで光りで包まれた生きている武器、棘(Thorn)の剣、Caladbolgを見ました。私はこれがTrahearneを守護するためだと信じていました」
コマンダ「それはもしかしたら、Trahearneが既にCaladbolgを持っていたから、PactがOrrを攻略するときと重なったからそう思っただけかもしれない」
Ridhais「叡智と共に行動、ただし行動を起こすこと。このような重大な任務が課せられるとは信じていませんでした」
コマンダ「君のWyld Huntが終わっていないのだとしたら、それはCaladbolgを回復させる役目なのかもしれないね」
Ridhais「恐らくは。これは私にとって最大のチャンスでした」

彼にとって、Caladbolgの担い手、Trahearneを守ることが役目だと思っていたが、それはCaladbog自体を再生させることにあった、というところだろうか。
彼の為にも、そしてTrahearneの為にもCaladbolg再生の旅を始めようと思う


●Caladbolgの刃を捜して
Caladbolgの破片は、Heart of Maguumaの至る所に散らばっていた
しかし、自身の欠片について、剣と同調することで存在を感じることができ、無事大きなものを回収することができた

RidhaisにCaladbolgについて説明を聞く
Ridhais「Caladbolgとは、Sylvariの神聖な武器で、我らの母親ペールツリーによってファーストボーン Riannocに与えられたペールツリーの棘(Thorn)です。」
コマンダ「Trahearneはそれを使って、OrrのZhaitanの穢れを浄化しましたね」
Ridhais「そのとおり、剣を通じてペールツリーの力を流し込むことができます。さらに、その使い手の精神状態を強化します」
コマンダ「その部分は良く理解できなくて、説明できますか?」
Ridhais「いいでしょう。Trahearneはそれを至高の強化と表現しました。この剣はあなたの感情や激情を引き出します。Trahearneのような伝説的な使い手も、高貴な資質を強化していました」
コマンダ「それは悪い方面にも強化される?」
Ridhais「その通り、質の悪い使い手は、自身の欠点に押しつぶされました。悲しいことに、これはRiannocが倒れた後、彼の雇い主が剣を持ち、そして恐怖と公開で苦しんだ原因になります」

Caladbolgの説明を今一度、聞き、そして刃の欠片を渡し、そしてVisionCrystakを渡すと、示されたVisionにより次の課題が通知された

それはKessex Hillsの“Lychcroft Mere”にて、最初の持ち手Riannocに打ち勝つことであった


●The First Vision
Ridhais「RiannocはSylvariの最初の英雄で、裏切りに合い彼の意志はついえてしまった。このVisionの中で何を体験するか分かりませんが、乗り越えてください」

(回想)
戦士はただ一人の英雄になりたい。
"英雄は恐れはしない"と戦士は思い、全ての疑念を放棄した。
手には魔法の剣、彼は悪を倒すために出発した。
しかし、彼がそれを理解できなかったとしても、恐れは残っていた"

Riannocの幻影を倒す
すると、Riannocは正気に戻ったようだった

Riannoc「Caladbolg…私はこの剣を手にした時、恐れる物など何もないと思っていた」
コマンダ「しかし、実際は違った?」
Riannoc「そう、恐れなくて私は自分の味方を理解することなどできず、私はDreamで見た英雄になることはできなかった。そして剣を失うことになった」
コマンダ「心配はいらない、Caladbolgは戻りました」
Riannoc「それは良い知らせだ。ありがたい。では、これは別のDreamなのですか?」
コマンダ「そう、これは自分自身の力を証明し、Caladbolgを癒す必要があります」
Riannoc「素晴らしいことだ。それなら言葉は不要。あなたの決意を英雄の方法でテストしましょう」

正気に戻ったRiannocと真っ向から力比べをする
何とか圧倒するとRiannocは満ちたりた顔になっていた
Riannoc「なんと雄大な試合だったことか、あなたの力、英雄として認めよう。Caladbolgはあなたを保護するでしょう。あなたもCaladbolgをどうか保護してください」

Visionから解き放たれる

ドレイクから、守っていたRidhaisは驚く
Ridhais「儀式は成功したようですね。Caladbolgはあなたに反応しています。いったい何が?」
コマンダ「Riannocに会いました。Caladbolgは彼の負の感情と英雄に抱いていた夢の両方を知っていました」
Ridhais「Caladbolgはコマンダの心の中にある物、望みや疑念を引き出します…恐らく、あなたの良いことが悪い物よりも重要であることを思い出させるためです」

酷く消耗したので、一旦ホームに戻ることにした


●The First Visionを終えて
ホームに戻り、改めてRidhaisに質問をする

Riannocについてだ
Ridhais「Riannocはペールツリーの元で最初に目覚めたSylvariの1人でした。彼は英雄であり、彼のWyld Huntは Mazdak the Accursed を倒すことでした」
コマンダ「彼がCaladbolg最初の担い手?」
Ridhais「そうです。Caladbolgを手にMazdakを撃退することができました。しかし、彼は裏切り者によって倒れることになった、アンデッドとの戦いのさなか、彼の雇い主はCaladbolgを盗む為、崇高な騎士を襲ったのです」
コマンダ「そして戦いの中敗れた…」
Ridhais「彼は息の続く限り戦ったが、Riannocは“Lychcroft Mere”で死去しました。彼は死を経験する最初のSylvariでした」

続いて、第二のビジョンへと導かれる


●The Second Vision
第二の試練の地、そこはVerdant Brink “Canopy over Pact Encampment”

Ridhais「ファーストボーンのTrahearneは生ける伝説で、それはファーストボーンの中でも最初の物でした。彼はここで死んだわけでは無いが、ここはCaladbolgの記憶が共鳴する場所です」
コマンダ「これが先の儀式と同じものであるならば、この戦いで自分自身を証明しないといけないのでしょう」
Ridhais「マーシャル・Trahearneとの戦い…彼はCaladbolgの担い手になる前から強力なネクロマンサーでした。大丈夫、あなたは私の信頼するよりも遥かに強力で勇気がありますから」
コマンダ「ところで、私はMordermothの隠れ家の奥でTrahearneを見つけたのだけど、Caladbolgは何故ここを示したのだろう?」
Ridhais「Caladbolgは私たちとは違うものを見ています。この地域は、Caladbolgが破損する前に戦った最後の場所かもしれないし、それはTrahearneとの強い結びつきを想起させるかもしれないです」

なるほど、最奥の地でTraheaneを見つけたとき、Caladbolgは既に破損していた
そういうこともあるかもしれない。

Visionの中に入る

“その学者は竜に穢された土地を再生するDreamを見ていた。
"私は穢れと戦う方法について学ぶ必要がある"と、学者は考え、知識を求めました。
しかし、判明したそのすべてはとても壮大で、学者は不可能な取組みに絶望した。
多分初めから、それは確かに単なる“夢”でした。”

絶望したTrahearneの幻影を打ち破る

すると意志を持つTraheaneが姿を現す
周囲を見渡すと、彼は言った
Trahearne「コマンダ、これは私が最後におぼえている戦場では無い」
コマンダ「これはCaladbolgの見た記憶、我々はそのDreamの一部になっている」
Trahearne「Caladbolg自身の記憶…私たちは多くの奇妙な土地を旅しました、そうですよね?しかし、教えて欲しい。Pactはどうなったのか?Mordremothはどうなったのか?」
コマンダ「MordemothはTraherne、君の手と私の手によって討伐されました。君は…私たち全員を救うために自らを犠牲にしたんだ」
Trahearne「ああ、ペールツリーに感謝を。私はあのような怪物が近親者と分かり、酷く恐れを抱いた。でも、君を信じた私の信念は間違っていなかったよ。ドラゴンとの戦いを終えてくれてありがとう」
コマンダ「でも君は君自身の死についてはどう思ってる」
Trahearne「それは確かに不安なこと、でもMordermothを倒した対価であれば、私は喜んで支払うよ。しかし、これはとても珍しいミーティングだ。何か問題でも?」
コマンダ「うん、Mordemothとの戦いで傷ついたCaladobolgを癒すためにね、この剣と私は同調する必要があるんだ」
Trahearne「なるほど、私は私こそが最高のCaladbolgの担い手だと思っている。でも自分の感情だけの藩士では無いからね」
コマンダ「今までのパターンであれば、君と戦って、価値を示す必要があるね」
Trahearne「その通り。コマンダ、PACTでのスパーリングの結果に疑問もったことがあるんだ。やろうか?」

Trahearneと久々のスパーリング
彼は強力だが、旧知の中、打ち勝つことができた


Trahearne「はぁぁぁ…この結果は、戦場で君が背負う任務に疑いを持ったことが無い理由そのものだよ」
コマンダ「これ君がデスクワークに忙殺されてたからだよ」
Trahearne「また会えて良かったよ、Caladbolgを持って行き、この世界を守って欲しい」

そう言うとTrahearneは消えて行った

Visionから解放される

Ridhais「Caladbolgは益々あなたと共鳴していますね。Traheaneに会えましたか?」
コマンダ「ええ、彼の記憶に会いました」
Ridhais「うん、あなたは自信を十分に証明した。今は休んでください。あとは刃の修復を完了させるだけです」


●The Second Visionを終えて
ホームにて、RidhaisにTrahearneのことをもっと聞く
Ridhais「マーシャル・Trahearneはファーストボーンのリーダーであり、最初に目覚めたSylvariでした。彼は生ける伝説で、私達の模範的存在でした」
コマンダ「もしもスリー・オーダー(Vigil/ダーマンド/Whisper)の間で彼の高い評価が無ければ、PACTは存在しえなかったでしょう」
Ridhais「PACTを率いて、Caladbolgを手に、彼はオルを浄化するという彼のWyld Huntを成就させました」
コマンダ「そして、Trahearneのおかげで私たちはZhaitanに戦いを挑むチャンス得ました」
Ridhais「私からも良いですか?あなたから見て、Trahearneはどうでしたか?」
コマンダ「彼は親愛なる友人でした。彼の助け無くしてPACTは無く、また2匹のドラゴンを倒すこともなくできなかったでしょう」
Ridhais「そうですか、彼はちょくちょく親友としてあなたのことを話してくれました」
コマンダ「Sylvariの皆はTrahearneの死をどう受け止めていますか?」
Ridhais「Sylvariの多くはTrahearneの死と、ペールツリーの負傷に喪失感を覚えています。あなたもTrahearneの像を見たと思いますが、慰めにはなりません」
コマンダ「さぁ、Caladbolgを修復し、彼の遺産を引き継ぎましょう」
Ridhais「ありがとう、コマンダ」


●The Sword Regrown
Caladbolg修復に必要な他のアイテムも揃い、示された最後の地に向かう
そこは、オルのまさにCaladbolgが浄化を行った場所

浄化の中心は、Vigilの兵が警護していた

状況を聞く
Vigil Warmaster「Zhaitanが死んだあと、我々はZhaitanが残した彼の戦力を殲滅するのに邁進してきました。まだまだ大変な仕事ですが」

Zahitan亡き後も不死の軍団は健在のようだ。
1つ違うのは、新しく生み出されることは無いということ

浄化の地への道を開けてもらう
Ridhais「これが最後のステップです。さぁ、Caladbolgが待っている。この浄化の地の中心にCaladbolgをセットしました。さぁ、抜くのです」

CaladbolgがVisionを見せる

英雄は世界を救うために努めました
「努力をし続ければ、勝つことができるだろう」英雄は考えた。
しかし、英雄が挑んだ戦いが厳しければ厳しいほど、世界は平和から遠のいた
英雄はあがき続けるも次第に勝てるということに疑いを持ち、ついには自分自身を救うこともできませんでした…

戦うのは自身の幻影、自分自身に打ち勝てということか
幻影にとどめを刺す

“英雄よ、あなたがまだ明るい未来を信じているのならば、全ての疑いを貫き通す棘(Thorn)をあなたの心に入れよ”

暗い幻影は姿を消し、明るい自身の幻影が5つ現れる
それはCaladbolgが取ることができる5つの姿
選ぶ形でCaladbolgは再生する…

光に包まれ、気づくと元の場所に立っていた

Ridhais「ああ、私はDreamで見た、とても美しい、Caladbolg。ありがとうコマンダ。Caladbolgをよろしくお願いします」
コマンダ「Caladbolgは見事復元されました。Ridhais、君はこれからどうするんだい?」
Ridhais「今は、考えられません。私のクエストは終わったばかりで、まだ考えることはいっぱいです。もしかしたら毎晩Caladbolgを落としてないかチェックしてるかも」
コマンダ「ははは、ミスティックフォージに入れないと約束しますよ」
(※1 ミスティックフォージに壊れたCaladbolgを入れていた場合、イロナワイン10本で返してもらうことになるため)
(※2 ミスティックフォージはイロナの精霊 Zommorosにアイテムを捧げることで変わりの物を得る仕組み、彼に賄賂を贈ることで返してもらえた)


●The Sword Regrownを終えて
Caladbolg再生後、傷が癒えたというペールツリーから招かれた
The Groveの最上階、彼女のアバターの鎮座する部屋に入ると、Ridhaisが居た

Ridhais「ああ、とても信じられない。ペールツリーが元気になってくれるなんて」
コマンダ「Caladbolgの再生が彼女を助けることになると信じていた?」
Ridhais「いいえ、私はWyld Huntに従っただけです。でも、それがペールツリーを助けたことになったのなら、私たちはあなたにとてつもなく大きな借りを作ったことになります」
コマンダ「いいや、君の助けなしではできなかったことだ、Wyld Huntの成功にどうか誇りをもって」

そして、ペールツリーとの謁見が始まる
ペールツリー「私は、あなたのDreamの中であなたのクエストを感じました。」
コマンダ「元気な姿を見ることが出来て、嬉しいです」
ペールツリー「あなたと語りたいことが沢山ありますが、まだ私は体調は安定しておらず、また休まねばなりません。今は、どうか私の祝福を受取ってください」
これは王からの祝福だ
礼に則り、ペールツリーに向かい跪く
ペールツリー「あなたは私の子供らを救い、そして私の棘(Thorn)の負担を取り除いてくれました」
ペールツリー「願わくば、あなたがこの世界に生きる人々の盾となり、闇を振り払い世界を照らす剣となりますよう」
ペールツリー「私はあなたを私の騎士として祝福し、あなたにKnight of Thornの称号を授けます。Caladbolgは名誉と共に、あなたを成功に導くでしょう」
コマンダ「拝命します。この名誉に相応しいくあります」
ペールツリー「あなたに感謝を。言葉では表現しきれない程の助けを貰いました。」
コマンダ「ペールツリー、あなたの元気な姿を見るのはとてもうれしい」


Caladbolgは再生し、名実ともに自分のものとなった
ペールツリーの体から作られたこの生きた剣は、数多の英雄たちの手を渡り、今は自分の元へ
再生の旅では盟友Trahearneともじっくり話すことができた

今は、彼と共にある気にもなる。

Tyriaの危機は中々去ることは無いが、しばし、過去に思いを馳せるのも良いだろう。

あらすじに戻る
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント