2018/05/22

Belcher's Bluff 完了

ルールがいまいち分からなくて、断念してたミニゲーム「Belcher's Bluff
そのうち、Achieveがバグってるとか言われてたんだけど、この間のパッチでついに修正されました

なので、重い腰を上げてルールをじっくりと読み、攻略を理解して臨んだら、NPCは結構あっさり目に倒すことができました。

そして、今日、レイド前と後で協力してもらい、対プレイヤー関係も終わらせて終了
対プレイヤーは勝敗が無いので、純粋に協力してくれる人さえいれば、30分くらいで終わります
5秒サイクルのターン制なので、どうしても1ゲームに25秒ほどかかります

berch.jpg

すっきり♪
スポンサーサイト
2018/05/04

Epidemic

Dhuum CM攻略を開始したのですが、Echoの位置を意識する意味でもEpi Bounceで行う攻略方が練習にもなるかなと思ってMass Scourge構成でやってみました。

目論見通り、Echoには慣れてきたのですが、肝心のBaounceについては成功率が低かったようで…

そこで、Epidmeicについて仕様をまとめておこうかなっと

Epidemic:
 キャスト レンジ:1200
 拡散最大数:対象5
 拡散はプロジェクタイルがキャスト対象から飛び散り、そのプロジェクタイルがヒットした場合に適用
 拡散対象確定範囲:900 (半径)
 プロジェクタイルの最大飛距離:1500
 転送されるCondiのMax Stack1種に付き25の上限あり
 転送されるCondiの判定はプロジェクタイルがヒットした時の拡散元ターゲットのCondiでり、プロジェクタイル射出時(Epi キャスト完了時)ではない
 そのため、プロジェクタイルがヒットするまでに、拡散元ターゲットが死んだ場合は何も移されないし、Condiを解除された場合も同様

ここで、Epi Bounceをメインに押さえておきたいのは距離について
スキル対象のレンジと、拡散対象のターゲット距離が違う
特にBounceを確実に行うためには、両ターゲットの間を900レンジ以内のときにEpiが発動するようにしなければならない

900レンジってこのくらい
※ミニマップの拡大上限はフィールドによって若干異なるのだけど、これはエアロドームのゴーレム場の最大拡大
900reda.jpg
矢印と○印の距離が丁度900レンジ

上のミニマップ撮影時の実際のキャラの距離感
○は地形マーク、矢印はゴーレムにつけたキャラマーク
900reda2.jpg

分かりやすいように全景
gw832.jpg

自キャラからすると、どちらも500レンジ前後の距離になる
なぜ2つのマークの間に自キャラを置いているかというと、Dhuum戦でのEpi Bounceを意識しているから
これはつまり、DhuumとEchoが最低限このレンジに入らないとEpi Baunceは成功しない

Dhuumの戦闘会場
Desminaの位置とLey Riftの距離が900レンジ以内で、地形マーカーの☆は1000レンジになるのでEpi対象外になる
gw834.jpg

より実践的に、最初のDhuum スタック位置を基準に900レンジをマークで表してみた
gw835.jpg gw836.jpg
※対象物無くてもレンジ測る方法を見つけました(yay!)

GDMやリチュアルフェーズ時など、中央にDhuumが居る場合の900レンジ
gw837_201805041500234ed.jpg


gw838_20180504150023022.jpg

一応、床の模様を目印にできるね
gw839_20180504150022048.jpg

同低画質版のSS
gw840.jpg

Epidemicのスキルスペックでは、拡散先ターゲット(900レンジ)選定後、飛び出したプロジェクタイルは最大1500レンジまで誘導して飛んで行ってくれる
なので、ターゲット同士が移動していても、きちっと拡散先ターゲット確定時が900レンジ以内なら、まずヒットしてくれる

Bounceについては、DhuumにEpiを掛けて、それを受けたEchoから移し返すわけだけど
実際の有効レンジを見るに、実際にはZergに向かってきたEchoが壁に当たって方向転換してるときが多分一番のBounceチャンスになると思う
そうでないときはDhuumを通過するルートの時かな
結構、Epi担当が意識しないと難しいとは思う

理屈はこういうことなので、Epi攻略で進めるのであれば、Epiする人それぞれに感覚を持ってもらった方がよりいいと思う
900レンジ、Necの武器で言えばAxeもScepterも900レンジ
これに慣れて、感覚で覚えてもらった方がMore Betterかな?

あとはEpiのキャストタイム
1秒と戦闘中の体感としては結構長い
Echoは常に動き続けるし、どのタイミングでキャストに入るのが良いか
Dhuumに対してEpiする人は、Echoの侵入経路と距離を見てEpiを打ち始め、EchoへのEpi組もキャスト自体は1200レンジという向かってくるEchoに対して900の有効レンジ外からキャストできる特性を生かして打つという
結局、DhuumへのEpi役のコールで同時キャストが良いのかな

同時キャストって言っても、VCのCallを聞いてからスキルを打ち始める場合、心配しなくてもDhuumに対するEpiと全く同時にはならない
むしろ最速のBounceになるはずなので、声かけ役が居る場合、ある程度は依存して良いと思う

あと、Lanifさん調べによると、Epidemicはキャスト完了時のターゲットを拡散元とするようだから、キャスト完了前にターゲットを変えてはならない
逆に言えばキャスト完了前までは、他をターゲットしていても大丈夫

具体的にはEchoへEpiをする人は、キャスト開始してすぐDhuumにターゲットを戻すと全くBounceできないってこと
Dhuumに対してキャスト開始して、キャスト完了前までにEchoをターゲットすれば、Echoがターゲットになる
なので、普段Dhuumをターゲットして攻撃しているのだから、Epi Callが掛かった時にそのままDhuumにEpiキャストを開始して直ぐにTabキーなりターゲット移動キーを使ってEchoをターゲットにすれば最速Bounceが成り立つ(ターゲット移動キーは有効範囲内で強い敵から移動していくのでDhuumの次は必然的にEchoになるはず)


Epidemicのスキル仕様については、大変更のあった後に解析されたデータを元にしていて、細かいところでプロジェクタイルの飛距離に関してはもしかしたらさらに変更が入っているかもしれない…
実際にEpiのプロジェクタイルターゲットの選定ロジック等は変更されて改善されている
Epidemicの調査

あ、Dhuumみたいに大きなターゲットの場合、たぶん、一番外側のヒットボックスから計測してって感じになるので、画像よりも少しだけ余裕があると思います

追記:調べたらDhuumのヒットボックスは400あるとのこと、中心点から200レンジなので、その分距離が加算されるとみていいのかな?
2018/04/23

Raid ヒーリングドルイド

Reddit に投稿されたドルイドの指南書
投稿日見たら、今年の1月でした

前段となる別の方が投降したドルイドについてが11月くらいだったのかな?

この投稿も何度かあとから編集されて、スキルローテーションとかも全部メインにまとめられたと記憶

フラクタルを含むケース別ギアリングも、このトピックにぶら下がっていたような…
 [Reddit へのリンク]
 [Raids] Healing Druid class guide

Redditなので、全編英語なんだけど
blueflakeさんことSeiさんのblogに、日本語で解説を加えた要約をしてくれています。
 [カテゴリへのリンク]
 Healing Druid Class Guide
ドルイド指南書に加えて、Seiさんの考えも記載されているドルイド決定版ですね



自分は12月からHarrier + Minstrel のMixステータスで固定化してたんですが、調整に手を付けました
boon durationは80%を超えてて過多で(武器にConcentration 挿さってる)、ヒールも1300と超過気味なので、これらを丁度良いところに持っていく予定です

それとは別に、12月まで運用していたMagi Druidの装備チェックをしました。
久しぶりに稼働させて、ちょっと見てみたい案件があってね
2018/04/23

イラスト 頂きもの

先月、FotMのお付き合いをしたときに、イラストを描いてくれる約束をしてくれたeseyaさん
どのキャラを描いてもらおうかなっと迷っていたのですが、RaidのメインキャラであるJöranに決めました

このSSが…
joran3.jpgjoran6.jpg


(*゚▽゚)/゚・:*【こうなりました】*:・゚\(゚▽゚*)
  ~ノーマル~     ~春バージョン~
Joran_eseya01.jpgJoran_eseya02.jpg


eseyaさん
ありがとうございますm(_ _)m
2018/04/20

Raid Druid あれこれ(ごちゃっと雑記)

Raid始めてから、Druidについては色々直接・間接的に助言を貰えていたので、恵まれた環境でした

で、昨年Druidの仕様が大幅に変わった後にRedditに投稿された「Druid指南書」のおかげで、Boon Providerとしての立ち回りも非常に整理された。

それから半年経ち、スキル調整が数回入って、実はDruidがやるべきことは若干変わっています。
※基本は変わってないんだけど、「Druid指南書」をベースに今の仕様に合わせて一昔前に戻った感じ

原因は主にChronoかな
あの人 強力過ぎて、DruidはBoonの取っ掛かりを与えればそれでいいやって感じになってます。

例えば「Druid指南書」が書かれた時、それまでMight ProviderだったWarから、その役を引継いだのと、WarのBannarの範囲が10人になったのでBannar の為のWarは1人で充分となり、War2体制が崩れた
そして、そこが崩れると1PTにFury Providerが欠けるので、白羽の矢が立ったのがDruidだった
というとこで、Druid自身にBoon Durationが必要という考えが普及した
そこで考案されたのがMinstrel/Harrier のDruid

※元々、DruidのヒールはToo Muchと言われていて、チーム生存力に影響の出ない範囲でCondiに換装されてた背景もある(Old Wingとかヒーラー0推奨もある)

Minstrel/Harrier のDruidは、自分が掛けたBoonが途切れないようにスキルローテーションを行う前提でステータスが組まれている
具体的には角笛とCAの回し方
それを踏まえて必要な秒数を逆算すれば、Boon Durationが幾つあればいいというベースが出来上がる

じゃぁ、今はどうなんだ?っていうと
Alacrityの仕様変更やらなんやらで、ChronoがBoonの鬼と化した
今の仕様だと、たぶんDruidのBoon Durationはそこまでタイトに考える必要は既に無い

そこで、DruidのオリジナルBuff 特性が再度重要になってくる
Druid固有というと、それはもう「Glyph of Empowerment」だ
「Spotter」はSoul Beastでも付けれるし、精霊Buffも同じ
Druidを使うなら「Glyph of Empowerment」を外してはならない

PoF以前のDruidでは「GotL」と「Glyph of Empowerment」を如何にぶん回すかというのがテーマにあったんだけど、「Fury」を如何に撒くのかにシフトしたときに、角笛5をQuick Drawで回すための方法がフォーカスされた
でも、今は1度Fury撒けば、大体良いんじゃないか?って状況になってる

なので、Druidは再び「Glyph of Empowerment」を如何に最大効率で回すかに腐心する必要がある

この時注意したいのは、DPS log を見たとき、Buffの継続率の向上ばかりを目指すととにかくSkillがUpしたら使えば伸びるのだけど
自分だけ伸ばしてもしょうがない
重要なのはDPS組にこのBuffを配布することで、その為にはBurnフェーズに合わせて使うために、直前での使用は控える等ボスによって判断がある

「Glyph of Empowerment」の効果は6秒間
Burnフェーズが明確に存在するBossなら、合わせたいタイミングも分かりやすい

なお、「Glyph of Empowerment」によって伸びるのダイレクトダメージが対象で、Condiは対象外
これはチーム構成で何が有効かというのはその時々で変わるのだけど、Condiと言っても主流のViperはPowerも伸びてるので、「Glyph of Empowerment」が無駄になるわけではない
構成と言えば精霊か

精霊の選択
 Frost … 一定の確率でダイレクトダメージに+10%
 Sun  … Condiに影響する(一定確率で火傷効果=Condiの枚数が増える)
 Storm … Vulnerabilityを付ける(WeaverのDSP Buildではトレイト「Piercing Shards」を取ってるとのことで、余裕があれば選択肢に… まぁ、斧3で良いんだけどね)

スキルスロットで迷う場合はどちらが効果が高いかを総合で判断すると良い

ペット:
角笛持つならTigerはクビ
 ・最強は雷ワイバーン(ビッグHitBoxには攻撃が複数ヒットする CCも最強)必須ペット
 ・DPSのスタンダードはジャカランダ
 ・CCがさらに必要ならロックガゼル ワイバーンに次いでCC値が高く、CDはより早い
 ・ロックガゼルを持っていなくてCCが欲しいならPink Moa(CC 200) CCに時間があるならBlack Moa 3秒 100×3 300 CC
 ・茶色クマ…Condi除去 Dhuumで使ってるけど、個人的にはもう外してもいいなって思ってる けど、変わりにつれて行く奴もいないので保険扱い

Harrierが死にやすくて困るという場合、まずはMinstrelで防御値を上げよう
苦戦するボスにもよるけど、HPを上げて効力があるのは対Condi
ダイレクトダメージに効力が高いのは防御値
HPばかりあげると、実のところヒール効果は相対的に下がる
HPを割合で見ると、ヒール1tickで回復する量が下がるから

何で気にするかというと、Raidの中には割合ダメージをしてくるケースもあるから
その場合、HPだけ無駄に高いと、回復に時間がかかる
まぁ、バランスが大事なんだけど

で、Harrierの代替品は3ステならGiver、4ステならMinstrel あとはお好みで変わったのもあったりする(攻撃系との両立)

Old Schoolでは「Zealot」ってのもある
Magiでも同じことができるんだけど、ようはクリ率100%を目指し、Life Steal フードを使ってCSチャージを早めるというスタイル

Life Steal フードは最上位でクリティカル時に60%の確率で効果発動
なので、クリ率100%ならLife Stealの発動は60%の期待値になる

CAは攻撃時(Condiは対象外)に075%、ヒール時に1.5%チャージされる
このヒール時はRegenでtick毎だし、Life Stealもカウントされる
Life Stealがカウントされるということは1回の攻撃で2.25%チャージされるということ(確率)
※なお、ヒールは実際にヒールが入らないとカウントされない つまり、HP減ってないとチャージされない
※Life StealはHP減ってなくても効果出るんだっけ?
※チャージ量に与えたダメージやヒール量は関係ない、ダメージがでたか、HPが回復したかだけ
 なので、手数が重要

その為、斧5と併せたりしながら攻撃+Life StealでCA回転力を高めていくスタイル
当然、距離、その他の要因で攻撃の手数が減るようなボスには不向き

一応、CAにスキルリチャージ毎に入れるので、ヒール力は犠牲にしても良いという考えになってる

Druidの仕組みを知る上では面白いので、知っておくといいかも